女性ホルモンを投与する発毛治療の利点と注意点

頭髪が抜け落ちる原因は多岐に渡りますが、特にホルモンの分泌量の変化から生じる薄毛は進行が早く、頭皮が露出するほど抜け落ちてしまうことがあります。
そのため、速やかに発毛治療を行うことが頭髪のボリュームを維持するための心得です。
頭髪は女性ホルモンの分泌量の影響を受けることから、人為的に女性ホルモンを注入して発毛を促すことがあります。
女性ホルモンの投与による発毛治療は短期間で効果が出るのが大きな利点ですが、その一方で体調の良し悪しに大きく関わるので事前に入念な検査を行うことが重要になります。
また、ホルモンの投与は医師免許の所持者だけが行うことが出来るので、信頼できる医療機関を選ぶことが安全に発毛治療を受ける条件です。
女性ホルモンを投与することで頭髪が抜け落ちるのを防ぐことが出来ますが、胸毛などの体毛が薄くなったり脂肪が付きやすくなるなどのデメリットも生じるので慎重に判断する必要があります。
また、個人の体質によっては倦怠感や発熱などの疾患に見舞われる可能性もあることから、安全性を第一に考えることが健康的に頭髪のボリュームを保つための心得です。
女性ホルモンを投与した後も薄毛の再発を防ぐために定期的な検査が必要な他、生活習慣を見直して頭髪に負担をかけないように心がけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です